うるのん 口コミ|便利?余ったボトルのお水はどうするべき?

指定された契約期間を過ぎず解約すると発生する料金と余ったお水

うるのんは2年契約と3年契約があり。それぞれその期間内は利用をすることが必要なことが注意点の1つです。この期間を待たずに解約すると違約金が発生することになるため、この料金を支払わなければなりません。また契約期間の満了を待たずにこの契約を解除しようとした場合、余ったお水は自分自身で処分をする必要があることにも注意が必要です。基本的にはこのボトルを引き取る事は行っていないため、自分自身で処理をしてそのボトルも廃棄をすることが必要となります。

ボトルの注文は手間?三年パックはお得なの?

ボトルの注文は非常に手間がかかると考えている人が多く、そのために契約をしないと言う人も多いものですが、うるのんの場合には毎月最低量のものは届けられるものとなっているため、安心して利用をすることができるのがポイントです。また、より安く利用したいと言う場合には三年パックを利用することがより大得となっており、1ヵ月あたりの料金を安く抑えることができます。契約期間内であれば無償で引き取ってもらえるので、この仕組みを効果的に利用することも重要です。

1回休みにして料金はいくら節約できそう?

うるのんサーバーの場合には利用をしない月をあらかじめ連絡することで、この期間はボトルの配達を行わないと言う制度があります。これは他のウォーターサーバーを取り扱っている会社でも同じようなキャンペーンが行われることも多いのですが、あくまでも実際の作業は下請け会社等が行うことになるため、自らの責任でなくても費用がかかることが少なくありません。うるのんの場合には1ヵ月休みにすると単純にボトルの料金がかからないだけとなるため、これを1回休みにしても損をする事はなく、効率的に利用することが可能となっています。

一人暮らしには値段的に高い?

うるのんは様々な場面で利用されていますが、一定の水の量のボトルの代金が月額費用に含まれることが多いため、一人暮らしの場合には水の消費量が少ないことからこれを持て余してしまうことも多いと考えられます。しかしこの会社のウォーターサーバーの場合にはそのような心配をする必要はなく、安心して利用をすることができる値段となっているので非常に便利です。料金が設定されている場合には割高と感じることも多いのですが、実際にはこれらの費用は存在しないので安心して利用することができます。

本体サーバーや水(ボトル)の保証はある?

うるのんサーバーはトラブルの際にも責任を持って無償で修理等を行っているため、安心して利用することができるのがポイントです。特に本体の場合は契約期間中は保証されることになっており、メンテナンスが非常に便利となっています。さらにボトルも約半年間の有効期限となっているので、安心して使用をすることが出来るのもメリットとなっており、常に安心して利用をすることができるものとなっているのがポイントです。